♪TOP > ワキガの知識 > チェック方法について!

ワキガをチェックするには?


ワキガを自分でチェックするには?

ワキガチェックするにはどうすればいいのか?

脇の臭いがきついと、人から嫌われてしまいますよね。

周りのみんなにも迷惑がかかってしまいます。

もしかして自分は脇のニオイがきついかもしれない・・・

このように思うなら、自分で確認しておきたいところでしょう。

そこで、ここでは・・・

自分でも出来るチェック方法

について解説していきます。

自分の脇の臭いが気になる方は、自分でチェックしてください。


自分で確認する方法!


脇のニオイをチェックする方法をいくつか紹介したいと思います。

どのような方法かと言うと・・・
ワキの汗の量をチェックする

耳垢をチェックする

衣類のシミをチェックする

衣類を嗅ぐ
これらを確認するだけで、自分はワキガかどうかが判断できます。

それでは、具体的どうすればいいかを説明しましょう。


ワキの汗の量をチェックする


ワキガになっていないか不安な人はどうすれいいか?

確認方法としては、脇汗の量をチェックすることです。

脇汗が多いと言う人は、多汗症やワキガの可能性があります。

もし、アポクリン汗腺がある場合は臭いがきつくなります。

アポクリン汗腺から出る汗は、ワキガ独特の臭いがするんですね。

なので、脇汗を多くをかく人は気をつけなければいけません。

特に緊張した時や運動した時などは脇汗をかきやすくなります。

汗と雑菌が混ざると臭くなるので脇汗を拭くなど対策してください。

制汗シートを用意しておくのもいいですね。

脇汗が多い人は、常に脇の下を清潔にするように心がけましょう。


耳垢をチェックする


ワキガを自分でチェックするには耳垢を確認する方法があります。

なぜ耳垢が関係があるのか?

これには理由があります。

それは、耳にもアポクリン汗腺があるためです。

もし、耳垢が湿っている人はワキガの可能性があると思ってください。

ちなみに・・・

耳垢が湿っている人の75%がワキガになっている!

こんなデータもあるんですね。

おそらく耳垢なんて、気にされない方がほとんどでしょう。

しかし、耳垢でも、ワキガになりやすい体質か判断できます。

ですので、実際に、自分の耳垢を触って確認してみてください。

関連記事
ワキガと耳垢の関係について!


衣類のシミをチェックする


ワキガになっているかは衣類のシミをチェックすることでも確認できます。

衣類のワキの部分に黄色いシミが付いていせんか?

肌着の脇が黄色くなっている場合は、ワキガになっているかもしれません。

でも、なぜ脇の部分が黄色になってしまうのか?

その理由は、アポクリン汗腺に関係があります。

アポクリン汗腺には・・・
・タンパク質
・アンモニア
・脂質
・鉄
これらの成分が含まれているんですね。

そして、それが衣類に付くことで黄色くなります。

ですので、白のシャツなどで確認すると判りやすいかと思います。

ただ自分でチェックして腋臭と判断できたならショックですよね。

しかし、ワキガと分かったら現実を受け止めてしっかり対策してください。


衣類を嗅ぐ


自分でワキガを確認するには衣類の臭いを嗅ぐことで判断することも可能です。

この場合、着ている服の臭いを嗅いても気づきにくいものです。

なので、ビニール袋に着ていた衣類を入れて、一晩置きます。

そして、次の朝、ビニールの中の臭いを嗅いでみてください。

衣類には、雑菌が繁殖しています。

ワキガであれば、臭いも強烈になっているはずです。

これを嗅げば、自分でもワキガになっていないか判断できるでしょう。

簡単な方法ですので一度試してみてください。

あわせて読みたい記事
遺伝する確率について!
ワキガの原因について!


自分でわからない場合は?


ワキガ対策・チェックの仕方

ワキガなのか自分で判断できない場合はどうすればいいか?

上記の方法では分からない人もいるでしょう。

そんな場合は・・・

他の人に直接聞いてみる!

これも1つの方法です。

例えば、家族や身内の人、あるいは、友人などです。

両親に聞いてみるのが良いですが、ワキガは遺伝します。

つまり、親がワキガの場合もあるんですね。

もちろん、そんな場合は確認は難しいでしょう。

なので、確実なのは友人に聞いてみることです!

ただし・・

優しさから「ニオイはしない、大丈夫だよ」と言われることもあるでしょう。

ですので、必ず、本当のことを言ってもらってください。

もちろん、ワキガが判明したら、落ち込むと思います

それでも友人に「本当のことを教えてくれてありがとう」と言ってくださいね。

そして、その後は、しっかりとワキガ対策しましょう。

周りに迷惑をかけないためにも専用のクリームを使うようにしてください。