♪TOP > ワキガの対策 > 漢方で治るのか?

漢方で治るもの?


医師の画像

ワキガを改善には、色々と方法はありますが、なかなか思うようにいかない場合もあるでしょう。

ニオイが改善されない場合、最終的には手術を行う選択肢もあります。

ですが、多くの方は抵抗を感じて躊躇してしまいますよね。

市販のデオドラントでは、あまり効果を感じられない方がいるのも事実です。

そんな方は、漢方を使ってみるのも一つの方法になります。

そこで、今回は、ワキガの対策として「漢方」に注目してみました。

これまで何を試しても効果がないと言う方は、参考にしてみてください。


なんで漢方がいい?


ワキガで漢方と言うと、なんとなく疑問に思われる方もいるかもしれません。

ですが、脇の臭いで悩んでいるなら一度試してもみる価値はあります。

もちろん、漢方で直接ワキガが治るというわけではありません。

先ず、考えなければならないのが、脇からでる汗です。

アポクリン汗腺から出る汗はニオイの原因になります。

ですので、汗を抑えなければいけません。

そうはいっても、汗が多く出る理由が分からない人もいます。

もしかしたら体の何処かのバランスが崩れていることが考えられます。

そこで、登場するのが漢方薬です。、

漢方薬

漢方の世界では、人間本来が持っている自然治癒能力を高める働きのある薬なので、体のバランスを整える事で正常な汗の量へと体の働きを導く効果が期待できます。

それに、精神面から緊張して異常に汗をかく場合もあるので、そんな時には、神経をリラックスさせるような漢方薬を服用するといいでしょう。

つまり、その人によっても、当然、薬が違いますので、しっかり体質まで考えて選ぶことが重要です。


ワキガに良いとされる漢方薬は?


では、どんな漢方薬を選べばいいのか?

漢方も色々ですが、ワキガ対策を考えるなら・・・・

汗を抑制する作用や自律神経を整えてホルモンバランスを整える

これが重要なポイントになります。

具体的には・・・
五苓散加牡蠣黄著(ごれいさんかぼうれいおうぎ)

白虎湯加減(びゃっことうかげん)

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう

桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)

防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)

加味逍遥散(かみしょうようさん)
などがあります。

もし、本気で漢方薬で治療をしたいと思ったら、漢方診療を行っている医療機関、あるいは、漢方を専門に扱っている薬局で相談するといいと思います。

ちなみに、漢方の場合は、ワキガクリームなどと違い、即効性はありません。

ですが、メリットとしては、副作用が少なりので長期間でも安心して服用する事が出来ます。

ワキガの手術を受けようか迷っている方は、漢方薬を試してもいいかもしれませんね。

あわせて読みたい記事!
わきがの原因とは?